「参加者のレベルが高い」~21卒向け『出会いの場』参加者インタビューvol.1~2020.02.03

こんにちは!DEiBA Companyの生山です。

先日、赤坂で開催された21卒向け「出会いの場」に行ってきました!

「出会いの場」とは、DEiBA Companyが開催する就活生向けスカウトイベントです。
参加者は1日に10題ものグループディスカッションに挑戦し、各回異なる企業人事からフィードバックを受けます。
イベント後には企業が「いいな」と思った学生にスカウトを出し特別選考ルートに乗せるため、通常の選考を受けるよりも有利に就活を進めるだけでなく、各回業界業種様々な約15社が参加するため、一方的に探すだけでは見つけられない「自分の事を評価してくれる企業」が見つかる!と、毎年就活生にとても人気なイベントです。

先日のイベントでは122名の就活生、12社の企業にご参加いただきました!


今回は参加者の方に、イベントへ参加してみた感想をお聞きしてきたのでレポートをお届けします!


【参加者インタビュー】

まずお話をお聞きしたのは東京国際大学のTさん。
去年の6月からインターンシップに参加していて、「出会いの場」へ参加する前にもなんと10回以上のグループディスカッションに挑戦してきたそうです。

ー何で「出会いの場」を知りましたか?
大学の就活対策セミナー内で知りました。
もともとはキャリアセンター主催の面接対策講座に清水社長(DEiBA代表)が登壇されており、1対1で面接演習をしていただいた際にイベントの存在をお聞きしました。

ーなぜ参加しようと思ったのですか?
グループディスカッションを沢山経験できると思ったからです。
また、実際に周りの友人たちも「出会いの場」に参加しており、行ってみたいと思いました。

ー実際に参加してみて、イベントの印象はどうですか?
参加者のレベルが高いと思いました。
実は他のグループディスカッションのイベントにも参加した事があるのですが、「出会いの場」は事前に参加者を集めてのガイダンスがあり、そこで全員グループディスカッション解法パターンの知識をつけ、対策をしてきた人たちがイベントに参加しているので、他のイベントと比べてレベルの高いディスカッションができたなと思います。

ー面白かった問題はありましたか?
9題目の「最高の服とは何か」という問題が面白い…というよりも難しかったです。(※実際に企業で出題された問題)

ーなぜ面白い(難しい)問題だと感じましたか?
とても抽象度が高い問題だったからです。何から決めていけばいいのか・何を決めなければいけないのかわからなくなってしまいました。
実際に有名企業で出た問題という事でしたが、実際に自分の受ける本選考で出てきたら戸惑ってしまいそうです…!

ー企業さんからのフィードバックでためになったアドバイスはありましたか?
ありました!
特に僕たちのグループでよく言われてしまったのが「話していくうちに前提があやふやになっている」というものです。2~3社からは同じ指摘を受けました。
「ゴールを具体的にする」など、対策の方向も合わせて教えてくださったので本選考では意識して実践していきたいなと思います!

ーイベント後はスカウトが届きますが、何社からオファーを貰いたいですか?
いただけるだけいただきたいです!笑
頑張ります!

ーTさん、ありがとうございました!


■質問に答えてくださった東京国際大学・Tさん


■Tさんのグループでのディスカッションの様子
皆さんとても真剣な顔つきで話をされていました!


Tさんがお話されている通り、「出会いの場」が他のスカウト系・選考系イベントと違う点のひとつが「事前ガイダンス」があるところ。
「出会いの場」の事前ガイダンスではグループディスカッションで頻出する【3つのパターン】を実際に参加者同士で体験し、その解法を詳しく解説しています。

「レベルが高かった」とお話いただきましたが、事前ガイダンスでしっかりグループディスカッションの解法をお伝えするのでグループディスカッションが初めて、という方でも安心してご参加いただけますよ!

気になった方は是非イベントへ参加してみてくださいね。

今後、他の参加者の方へのインタビューも載せていきますので乞うご期待ください!

ページトップへ